こんにちは!プラスチック

身の回りの代表的なプラスチック

●ポリエチレン(PE)

名称
(JIS K 6900 による)
ポリエチレン
定義
(JIS K 6900 による)
エチレンの重合体
略語
(JIS K 6899-1 による)
PE
英語 polyethylene
  高密度ポリエチレン
high density polyethylene
(HDPE)
JIS K 6899-1 略語 PE-HD
低密度ポリエチレン
low density polyethylene
(LDPE)
JIS K 6899-1 略語 PE-LD
特長 水より軽いが低密度ポリエチレンよりやや重い(比重>0.94)。電気絶縁性、耐水性、耐薬品性に優れ、低密度ポリエチレンより耐熱性、剛性が高い。白っぽく不透明。 水より軽く(比重<0.94)、電気絶縁性、耐水性、耐薬品性、環境適性に優れるが耐熱性は乏しい。機械的に強靭だが柔らかく低温でももろくならない。
主な用途 包装材(フィルム、袋、食品容器)、シャンプー・リンス容器、バケツ、ガソリンタンク、灯油かん、コンテナ、パイプ 包装材(袋、ラップフィルム、食品チューブ用途)、農業用フィルム、電線被覆
簡易鑑別法 燃焼試験:可燃性
水に浮かべる:水に浮く
におい:パラフィン臭
透明性 透明〜不透明
密度 *1 (g/cm3) 0.95〜0.97 0.92〜0.93
引張強さ *2 (MPa) 23〜31 8〜31
破断時伸び *3 (%) 10〜1200 100〜650
引張弾性率 *4 (MPa) 1070〜1090 180〜280
圧縮強さ *5 (MPa) 19〜25 -
線膨張率 *7 (×10-5/℃) 5.9〜11 10〜22
絶縁破壊強さ *9 (kV/mm) 18〜20 19〜39
吸水率[24hr] *11 (重量%) 0.01未満 0.01未満
燃焼性 *12 (mm/min) 645〜671 -
耐酸・アルカリ性 酸化性酸に侵される
耐溶剤性 80℃以下では耐える -
常用耐熱温度 (℃) 90〜110 70〜90

出典;JIS K 6900, JIS K 6899-1(日本規格協会), プラスチック読本(プラスチック・エージ), 図解プラスチック成形材料(工業調査会), 図解プラスチック用語辞典(日刊工業新聞社), プラスチック・データブック(工業調査会), 日本プラスチック工業連盟誌プラスチックス(工業調査会), 文部省学術用語集化学編(日本化学会)