身の回りの代表的なプラスチック

●ポリエチレンテレフタレート(PET)
名称
(JIS K 6900 による)
ポリエチレンテレフタレート
(ポリエチレンテレフタラートは「文部省学術用語集化学編 第3部 1.化学物質名日本語表記の原則」による表記方法)
定義
(JIS K 6900 による)
エチレングリコール及びテレフタル酸又はテレフタル酸ジメチルの重縮合によって製造する重合体
略語
(JIS K 6899-1 による)
PET
英語 poly ethylene terephthalate
特長 (延伸フィルム)
透明性に優れ、強靭で、ガスバリア性に優れている。
(無延伸シート)
透明性に優れ、耐油性、成形加工性、耐薬品性に優れている。
(ペットボトル)
透明で、強靭で、ガスバリア性に優れている。
主な用途 (延伸フィルム)
絶縁材料、光学用機能性フィルム、磁気テープ、写真フィルム、包装フィルム
(無延伸シート)
惣菜・佃煮・フルーツ・サラダ・ケーキの容器、飲料カップ、クリアホルダー、各種透明包装
(ペットボトル)
飲料・醤油・酒類・茶類・飲料水などの容器
簡易鑑別法 水に沈む
黒い煙を出して燃える
炎を遠ざけると徐々に消える
透明性 PETは比較的結晶化速度の遅い結晶性の高分子であるが溶融状態から急冷操作により容易に非晶質すなわち透明の成形品が得られる。
この成形品を延伸することで配向結晶化がおこり強度、剛性、耐熱性の性能を有する成形品が得られる。
密度 *1 (g/cm3) 1.29〜1.40
引張強さ *2 (MPa) 48〜73
破断時伸び *3 (%) 30〜300
引張弾性率 *4 (MPa) 2800〜4200
圧縮強さ *5 (MPa) 76〜103
曲げ強さ *6 (MPa) 96〜131
線膨張率 *7 (×10-5/℃) 6.5
荷重たわみ温度 *8
(1.81MPa負荷)
(℃) 21〜38
吸水率[24hr] *11 (重量%) 0.10〜0.20
常用耐熱温度 (℃) 延伸フィルム 〜200
無延伸シート 〜60
 
出典;JIS K 6900, JIS K 6899-1(日本規格協会), プラスチック読本(プラスチック・エージ), 図解プラスチック成形材料(工業調査会), 図解プラスチック用語辞典(日刊工業新聞社), プラスチック・データブック(工業調査会), 日本プラスチック工業連盟誌プラスチックス(工業調査会), 文部省学術用語集化学編(日本化学会)


日本プラスチック工業連盟

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-5-2 アロマビル5F 
TEL:03-6661-6811
FAX:03-6661-6810