こんにちは!プラスチック

身の回りの代表的なプラスチック

●ポリプロピレン(PP)

名称
(JIS K 6900 による)
ポリプロピレン
定義
(JIS K 6900 による)
プロピレンの重合体
略語
(JIS K 6899-1 による)
PP
英語 polypropylene
特長 最も比重(0.9〜0.91)が小さい。耐熱性が比較的高い。機械的強度に優れる。
主な用途 自動車部品、家電部品、包装フィルム、食品容器、キャップ、トレイ、コンテナ、パレット、衣装函、繊維、医療器具、日用品、ごみ容器
簡易鑑別法 燃焼試験:可燃性
水に浮かべる:水に浮く
におい:石油臭
透明性 半透明〜不透明
密度 *1 (g/cm3) 0.90〜0.91
引張強さ *2 (MPa) 31〜41
破断時伸び *3 (%) 100〜600
引張弾性率 *4 (MPa) 1100〜1600
圧縮強さ *5 (MPa) 38〜55
曲げ強さ *6 (MPa) 41〜55
線膨張率 *7 (×10-5/℃) 8.1〜10
荷重たわみ温度 *8
(1.81MPa負荷)
(℃) 49〜60
絶縁破壊強さ *9 (kV/mm) 24
耐アーク性 *10 (Sec) 136〜185
吸水率[24hr] *11 (重量%) 0.01〜0.03
燃焼性 *12 (mm/min) ゆっくり燃える
耐酸・アルカリ性 酸化性酸に侵される
耐溶剤性 80℃以下では耐える
常用耐熱温度 (℃) 100〜140