こんにちは!プラスチック TOPへ戻る

安全性についてのQ&A

Q1 他の食品が入っていたプラスチック容器に別の食品を入れても大丈夫ですか?
Q2 プラスチック製の漬け物樽でぬかみそをつけたら、変なにおいがしましたが大丈夫でしょうか?
Q3 電子レンジでプラスチックから何か溶け出すような気がしますが大丈夫でしょうか?
Q4 プラスチック製のトレイやおろし器の破片をあやまって食べてしまいましたが、大丈夫でしょうか?
Q5 プラスチック容器に食品を入れておいたら、容器が変色してしまいました。大丈夫でしょうか?
Q6 プラスチック製の容器や食器からは何かが溶出し、危険だといわれていますが?
Q7 有害性があるとされた添加物は使用されていませんか?
Q8 食品用容器包装、器具に使用されているプラスチックの添加剤について、安全性はどのように考えられていますか?
Q9 塩素系プラスチックを燃やすと、ダイオキシンが発生すると言われていますが、本当ですか?
Q10 環境ホルモン問題とはなんですか?

Q1 他の食品が入っていたプラスチック容器に別の食品を入れても大丈夫ですか?

プラスチック容器は、その中に入れる内容物によって、いろいろな材質が使い分けられています。

プラスチックは一般的に酸やアルカリに強いものですが、中には油やアルコールで膨潤したりヒビ割れを起こすものがありますので、転用しないようにして下さい。

砂糖のケースに塩を入れたり、清涼飲料水用のボトルに飲み水を入れたりすることはもちろん大丈夫です。

Q2 プラスチック製の漬け物樽でぬかみそをつけたら、変なにおいがしましたが大丈夫でしょうか?

漬け物用の容器にはポリエチレンが使用されており、容器自体から臭気のでることはありません。

この場合のにおいは、かきまわすことを怠ったためと考えられます。もともと、ぬかみそは、かきまわすのを怠ると木の樽でも臭くなるものですが、プラスチック製容器は、木に比べ通気性が少ないので、より一層かきまわす必要があります。

Q3 電子レンジでプラスチックから何か溶け出すような気がしますが大丈夫でしょうか?

電子レンジで食品をあたためるときは電子レンジ用容器を使用して下さい。電子レンジは高周波誘電加熱で食品の水分を加熱するもので、プラスチック容器は高周波で加熱しても、食品の沸点以上には温度は上がりません。従って、高周波に影響される特別な溶出はありません。旧JISでは電子レンジ用プラスチック容器耐熱温度は140℃以上と定められていました。

注意すべきは空炊きしないことです。電子レンジ自身が損傷することがあるからです。

また、食品から水分がなくなると食品温度が上昇し、焦げが生じます。加熱時間に注意しましょう。電子レンジ使用にあたっては取扱い説明書をよく読んで下さい。

Q4 プラスチック製のトレイやおろし器の破片をあやまって食べてしまいましたが、大丈夫でしょうか?

プラスチック製のトレイやおろし器の材料は、多くの場合、ポリスチレンです。プラスチックはたとえ食べてしまっても、腸で吸収されることはありません。

ポリスチレン、ポリプロピレンなどは、動物実験で実際に食べさせてみた結果、安全が確認されています。

Q5 プラスチック容器に食品を入れておいたら、容器が変色してしまいました。大丈夫でしょうか?

プラスチック容器に食品の色が移ることは間々あります。とくに人工着色された食品を長い間入れておくと、色が移りやすいものです。このため、プラスチックが変質したように思われるかもしれませんが、木の樽に漬け物の色がしみこむのと同じ現象ですので、心配いりません。

この逆に、プラスチック容器から食品に色が移ることは食品衛生法によってあってはならないことになっており、メーカーは厳重な溶出試験をしておりますので、ご安心下さい。

Q6 プラスチック製の容器や食器からは何かが溶出し、危険だといわれていますが?

食品容器や食器は、常に食品と接しており、安全性はなによりも優先して考えなければなりません。現在では食品衛生法によって厳しく規制されています。

プラスチック業界では、世界各国の研究・実験データ等を十分に調べ、独自の基準を作って管理しておりますので、安心してご使用いただけます。

Q7 有害性があるとされた添加物は使用されていませんか?

食品衛生法第16条では「有害な、もしくは有害な物質を含み、または付着して人の健康を害うおそれがある器具もしくは容器包装は、製造・販売、輸入もしくは営業上使用してはならない」となっています。

アメリカの食品安全委員会(Food Protection Committee)では、

■安全とは   その物質の意図する用途に用いたときの量や使い方では、傷害が起きないことが実際上確実なこと。
■有害とは   その物質の持つ障害を引き起こす能力。奇形、突然変異、がんなどを引き起こす能力を含む。
■危険とは   その物質を意図する用途に用いたときの量や使い方で、障害が引き起こされそうなこと。

と定義しています。

安全な物質とは=毒性のない物質、危険な物質とは=毒性のある物質、と考えがちですが、安全とか危険とかはその物質の摂取量や使い方によるもので、どんな天然物も合成物も一定量以上摂取し続ければ、障害を引き起こすこともあります。
逆に、毒性があるとされる物質であっても摂取量が少なければ、体内で分解されたり排泄されたりして、障害を起こすには至らず安全ということになります。

食塩やビタミン類も過剰な摂取によって障害が生じます。適正に用いればよいのです。

従って、プラスチック用の添加剤は、全量が口に入る医薬品や食品添加物と比べ、使用した製品から食品へ溶け出す量を摂取量としても、きわめて微量であり問題にはなりません。