プラスチックyear記念イベント
〜〜〜 計画概要固まる セミナーと展示の2本立て 〜〜〜

2007年は最初の全合成プラスチックであるフェノール樹脂(ベークライト)の発明から100年を迎えます。プラ工連は今年をプラスチックyearとして位置づけ、記念のイベントとして有機材料技術テクノロジー展(オルガテクノ2007)との共催で、セミナーと展示会の開催をいたします。その概要をここに紹介するとともに、多数の皆様の参加を心よりお待ちしています。

この記念イベントがプラスチックにとっての一つの区切りとして過去を振り返り、将来を考える場となればと期待しています。

syuuryou

開催月日:2007年7月18日(水)〜 20日(金) 
開催時間:10時〜17時
開催場所:東京ビッグサイト 東3ホール

●セミナー

会場内に特設された、四つのセミナー会場のうち、第4会場をプラスチックyear関連のセミナー会場として、3日間に渡り、計15講のセミナーが予定されています。

本セミナーは、プラ工連会員企業及び団体の支援により、聴講料を、1日目、3日目は、5000円、2日目は3000円と、大幅にディスカウントし参加しやすいものとすることができました。

また、2日目の午後は、メインステージで、熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂の先達であるフェノール樹脂、塩化ビニル樹脂についての講演のあと、ノーベル化学賞受賞者白川英樹氏による、特別講演「導電性高分子研究の35年」が予定されています(いずれも無料)。

●展示

展示会場では、プラ工連は、プラスチック処理促進協会、樹脂サッシ普及促進委員会、セルロイド産業文化研究会などと一緒に、プラスチック関連の展示エリアを設定してプラスチックの歴史的展示物、年表などを展示します。また、プラスチックの特性を生かした、当銀美奈子さんのプラスチックアートを展示するとともに、18日午後には、御本人による実演も予定しています。プラスチックを日頃とは別の視点で見ることが出来てあらためて関心を持ってもらえるものと考えています。

このほかにもプラ工連会員企業による出展もありますので、ご訪問いただければとおもいます。